ヴィーナスカーブなど着圧ガードルはサイズ選びが重要?

 

ヴィーナスカーブはもとより他の加圧、着圧ガードルやレギンスなどを購入する際、特に気を付ける
ようにしなければならない項目にサイズ選びがあります。

 

ヴィーナスカーブなど加圧・着圧ガードルはサイズ選びが超重要?効果を出すポイントの見極め!

 

 

もし自分にあっていないサイズ違いのガードルを購入してしまったら、せっかく「ウエストを細くしよう・太ももを小さくしよう・骨盤を真っすぐしよう」という思いから使ってみてもそれらの効果は半減するか、またはまったく効果が表れないで終わる可能性すらあります。

 

 

このサイトでは、そんな状況にならないためにもヴィーナスカーブなどの着圧ガードルを使って、残念な結果にならないための正しいサイズの選び方を解説してみました。

 

 

ヴィーナスカーブのサイズには?

ヴィーナスカーブの用意されているサイズには2通りあります。

 

M-L

 

L-LL

 

この2種類が用意されています。

 

 

M-Lのサイズは、ウエストが64センチから77センチある人で、ヒップが87センチから100センチある人用です。

 

L-LLのサイズは、ウエストが69センチから85センチある人で、ヒップが92センチから105センチある人用になっています。

 

 

 

M-L
(ウエスト=64〜77p)
(ヒップ =87〜100p)

 

L-LL
(ウエスト=69〜85p)
(ヒップ =92〜105p)

 

 

ヴィーナスカーブのM-Lは上記の寸法のため、ウエストを図ったときのサイズが64cmから77cmまでなので、必然的に70cmのウエストの人がベストな履き心地になるように作られているわけですよね。

 

なので、もしウエストが70cm以下64cm以上の寸法ならば少々ゆるく感じるかも。

 

反対に、70cm以上77cm未満のウエストの人ならば、ちょっときつく感じるかもしれません。

 

 

 

結局、着圧ガードルなどの寸法を見るときは、商品のウエストサイズに対して自分のウエストのサイズを照らし合わせて見極めるという方法をとらないと、いざ実際に買ってみても

 

・実際動画にあったように、スパッとお腹がへっこむなんて現象全然なかったです。

 

・ゆるすぎて話になりませんでした。

 

・きつくてとてもじゃないけど履いてられません。

 

 

このようになってしまうのも、サイズがしっかりと合っていなければどうしようもないということになりそうです。

 

つまりは、下記にヴィーナスカーブを履いたときの不評にあがっている口コミのようになってしまうわけです。

 

 

 

ヴィーナスカーブを履いた不評の口コミ!

よく、ヴィーナスカーブなどの口コミをみていると、

 

  • 履いたけどまったく効果がありません。
  • きつくて履けませんでした。
  • 履き心地は良いですがゆるいのか効果がない。
  • 動画と違って履いた後のスタイルに変化がありません。
  • 記事に伝線が走って破れてしまいました。
  • 太もも部分の裾がクルクルと巻き上がってしました。
  • 着心地が頼りなく感じます。

 

 

このような口コミ感想が、口コミ全体の3分の一ありました。

 

 

ヴィーナスカーブを履いたにもかかわらず、なぜこのような不評の結果になってしまう人が出てくるのか上記にあげた通りです。

 

 

やはり、ヴィーナスカーブを買うときのサイズ選びが重要なポイントになっている場合が往々にしてあるように思われます。

 

 

上記にような状態にならないための購入方法はいたって簡単です。

 

あなたにもっとも合ったヴィーナスカーブのサイズをチョイスすればいいのです。

 

上記のようにサイズにあなたの体験を照らし合わせて購入するだけで、上記のような不評などの口コミを回避できるのです。

 

 

 

サイズが合わない場合の対処方法は?

しかし、個々の体系は微妙に違ったりしますよね。

 

たとえばウエストは70pなのに対してヒップが100pを超えていたり、また

 

ウエストが80pなのに対してヒップは85pと小さい場合などは、ヴィーナスカーブの用意されているサイズでは履いている場合にどうしても無理がかかってしまい、履くときや動いている場合などに破けたりというトラブルが発生する場合だってありうるわけですよね。

 

 

上記の不評な口コミ二もあるように、履くときや履いた後に破けたりというトラブルが起こっても必然的としか言いようがない場合も出てくるということです。

 

そんな時には、ヴィーナスカーブが人気だろうとヴィーナスカーブに執着せず、他の着圧ガードルなどを検討することも考えた方がよりスリム化がうまくいく可能性が高いということになりそうですね。

 

 

 

加圧・着圧ガードルの比較ランキングを利用する

加圧や着圧ガードルは個々の商品によって効き目の特徴や使用が微妙に違ってきますが、基本どのガードルでもスリムになるという結果はともなってくるものです。

 

 

ヴィーナスカーブの特徴である「加圧トリプルシェイプ手法」効果はヴィーナスカーブならではの特徴となっているため、他の加圧ガードルや着圧ガードルでは味わえません。

 

ですが、他のものでも優れた加圧手法は取り入れているので、商品毎の特徴を端的にご紹介いたしますね。

 

 

 

ヴィーナスカーブ

ヴィーナスカーブなど加圧・着圧ガードルはサイズ選びが超重要?効果を出すポイントの見極め!

ヴィーナスカーブの詳細はこちらから→

 

ヴィーナスカーブの特徴

形状:加圧式骨盤ガードル

 

ガードルの特徴は、ウエスト上部までと、ひざ上ハーフの寸法丈になったスパッツ系スタイルのガードルです。

 

 

・寸法
M-L
(ウエスト=64〜77p)
(ヒップ =87〜100p)

 

L-LL
(ウエスト=69〜85p)
(ヒップ =92〜105p)

 

 

・加圧トリプルシェイプ手法
※、加圧トリプルシェイプ手法(骨盤回り+ウエスト+太もも)
※、サーモ機能で代謝アップ&血行促進

 

 

ヴィーナスカーブは、加圧トリプルシェイプ手法といわれる方法で、フロントとウエスト、ヒップの3方向から加圧をかけて、骨盤のツボを刺激し、さらにはサーも機能によって血行促進をうながし代謝を上げやすくした画期的な特徴を備えた加圧ガードルです。

 

 

 

ヴィーナスカーブを選ぶポイント

ヴィーナスカーブを選ぶポイントは、冒頭にも紹介したように、ヴィーナスカーブのサイズに自分のウエストやヒップのサイズを照らし合わせて購入するのが失敗しないポイントです。

 

たとえば自分のウエストサイズが真ん中の70.5cm近くにある場合は、ジャストサイズとなるわけです。しかし、それ以上のサイズだと少々ゆるくなる可能性が出てくるわけですね。

 

またその反対に、70.5cm以下だときつくなるわけです。

 

要は、サイズを考える場合、きつめのサイズを選ぶのか、または緩めのサイズを好むのかを基準に考えると、サイズ選びに迷うことがなくなるわけですよね。

 

 

 

ヴィーナスカーブは、着圧ガードルの中でもダントツで売り上げが高い商品です。

 

人気が高く、履けばスルリッと出っ張ったお腹がへこむというキャッチフレーズが人気となって今一番売れている着圧ガードルといわれています。

 

 

ヴィーナスカーブの詳細はこちらから→

 

 

 

マシュマロヒップケア

ヴィーナスカーブなど加圧・着圧ガードルはサイズ選びが超重要?効果を出すポイントの見極め!

マシュマロヒップケアの詳細はこちらから→

 

 

マシュマロヒップケアの特徴

形状:ヒップケアショーツ

 

ガードルの特徴は、ウエスト中部までと、ひざ上ハーフの寸法丈になったスパッツ系スタイルのガードルです。

 

 

・寸法
M-L
(ヒップ =?〜100p)

 

※、ヒップサイズが100cm以内の人全員対象

 

 

・黄金比率でつくられた特許出願中手法ガードル
ボディーメイクの本場ハリウッドの専門機関と共同調査して黄金比率(7:10)によって
つくられた着圧ガードルのようです。

 

素材も履いてすぐ破れるような単純な生地は使っておらず、敏感肌でも履き心地を重視してつくられ、
さらにサーも機能も持ち合わせて血流をよくし代謝機能をアップさせるという加圧ガードルとなっています。

 

 

 

マシュマロヒップケアの寸法には、M-Lの一つしか用意されていませんね。

 

なぜ一つしか用意されていないのか分かりませんが、
選ぶ側としては履き手の人のサイズが数少なく限定されるようにも思いますが、どうしてでしょうかね、ちょっと謎です?

 

 

マシュマロヒップケアを選ぶポイント

マシュマロヒップケアを選ぶポイント、マシュマロヒップケアを選択するのであれば、通常のMとLサイズの
基準値の寸法を考えるしかなさそうです。

 

ということは、もしヴィーナスカーブに合わすようにするのだとしたら、
ヒップサイズが87cmから100cmなので、ヒップの大きさが93.5cmの方がベストということになりそうです。

 

 

 

したがって、93.5cmを基準にしてそれ以下のヒップサイズであればきつくなる可能性が出てきます。

 

反対に、93.5cm以上であればゆるくなってしまうという症状が起きてきます。

 

 

でもまぁ、ヒップの大きさは個々によって全然違うので、自分のベストヒップサイズを照らし合わせて選ぶようにしてくださいね。

 

選ぶというか、もうこうなれば、単体の商品に固執していては選べないというこのにもなりそうですが(^^;

 

でも商品をようく見ていると、どれもサイズが一緒になっている場合がほとんどですから、もし極端にサイズが合わないようだったらハッキリいって無理して選ばないほうが良いのかなって思います。

 

 

マシュマロヒップケアの詳細はこちらから→

 

 

 

グラマラスパッツ

ヴィーナスカーブなど加圧・着圧ガードルはサイズ選びが超重要?効果を出すポイントの見極め!

グラマラスパッツの詳細はこちらから→

 

 

グラマラスパッツの特徴

形状:オールインワン加圧インナー(胸下〜足首)

 

ガードルの特徴は、ウエスト上部までと、足首まである寸法丈になったレギンス系ガードルです。

 

 

・寸法
M-L
(ウエスト=64〜77p)
(ヒップ =87〜100p)

 

L-LL
(ウエスト=69〜85p)
(ヒップ =92〜105p)

 

 

グラマラスパッツのサイズもヴィーナスカーブと同じサイズです。

 

 

グラマラスパッツを選ぶポイント

グラマラスパッツを選ぶポイントは、ヴィーナスカーブに合わせた選び方が基準となってきます。

 

ただし、ヴィーナスカーブと違っているところは、レギンスタイプの加圧インナーのため膝もふくらはぎも覆い尽くされるので、ふくらはぎなどが太いと思われる人の場合はサイズ的に少し大きめのサイズを選ぶことが失敗しないポイントとなるかもしれませんね。

 

 

グラマラスパッツの特徴は、足をより細くしたい方用につくられたレギンス系ガードルかも知れませんね。

 

つまり、もしあなたが足を細くしたいと思っているのであれば、グラマラスパッツを選ぶことによって得られる恩恵は、スラリーと細めの脚へと変貌を遂げる可能性を見めているということにもなりそうですね^^。

 

 

グラマラスパッツの詳細はこちらから→

 

 

 

 

ibz着圧下着

ibz着圧下着 サイズ選び

ibz着圧下着の詳細はこちらから→

 

 

ibz着圧下着の特徴

形状:骨盤底筋ショーツ

 

骨盤にフィットする、カルバンクライン風の骨盤矯正ショーツです。

 

 

・寸法
M
(ヒップ =87〜95p)

 

L
(ヒップ =92〜100p)

 

 

 

ibz着圧下着のサイズにはヒップのみで、ウエストは含まれません。

 

 

・素材
本体:綿95%・ポリウレタン5%
パワーネット部分:ナイロン90%・ポリウレタン10%
ウエストゴム:ナイロン65%・ポリエステル35%
クロッチ部分:綿100%

 

 

ibz着圧下着を選ぶポイント

ibz着圧下着を選ぶ最大のポイントは、もちろんサイズです。

 

体型にジャストフィットしていなければ、ibz着圧下着といえども効果は半減してしまいます。

 

上記でもお伝えしたように、サイズのど真ん中の寸法が最大の効果を発揮することを基準として考えてみて決めてください。

 

もし、そのサイズに遠く感じた場合でどうしてもibz着圧下着を試してみたいという方は、もし履いて大きく感じたときは、2枚同時に履く方法、またその反対に小さく感じたとき履き続けているとちょっと締め付けが強いせいで履き心地が悪く感じてしまうので、履くのを昼間だけとか夜寝るときだけに履くとかを決めると、もしサイズが小さいなど合わなかった場合でもibz着圧下着に対応できて履き続けられるようになってきます。

 

現に、わたしの場合もちょっと大きく感じたので、思い切って2枚一緒に履いていました。

 

それでも今では、わたしの最大のテーマであった頻繁に起きていた尿漏れが良くなりつつあります。最初は尿漏れ対策どうしようと思っていたのでibz着圧下着を知ったおかげで、しかも手間いらず対策方法なので本当にありがたと思っています。もしこれがなかったら、今のわたしはまだ尿漏れで悩んで挙句の果てに病院へ行っていたかもしれません。

 

ibz着圧下着の詳細はこちらから→

 

 

 

加圧ガードル選ぶポイントのまとめ

ヴィーナスカーブ、マシュマロヒップケア、グラマラスパッツと、以上3商品の加圧ガードルを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

もしあなたが加圧ガードルを購入してすっきりした体系を手に入れたいと思っていて加圧ガードルを選ぶ際は、上記に紹介した方法で自分のウエストやヒップのサイズを照らし合わせて決めてみてください。

 

 

人にはそれぞれ強さやゆるさへの適応力やこだわりなどがありますので、一概にこれが良いなどとは言えない部分もありますが、よく考えて購入するようにしてくださいね。

 

もし、とんでもなく合わないようなサイズだったら、買っても絶対合わないと思えるので、無駄使いになるだけなので我慢するか、また合うサイズを他の加圧ガードルでさがすなどして購入するようにしてくださいね。

 

 

 

なお、膣圧や尿もれが気になっているようならば、ibz着圧下着はとても有効作用すると思いますよ。

 

50歳代に入ったわたしも実際に使っていますが、50代にもなってどうかななんて思っていましたが、最近股の穴全部の締まりが良くなってきました。

 

履いてまだ3か月ちょっとなのに、チビっていたオシッコも日増しによくなってきています。

 

それと、後ろの穴も締まりが悪くて時々滲(にじ)んできていたりしていましたが、効果が表れてきて良かったです。一時はどうなることかと思っていましたから!(-_-;)

 

 

ibz着圧下着を買うとき参考にさせてもらっていたサイトを紹介しておきますね。いろいろと参考になったので!

 

 

ibz着圧下着購入時に参考になるサイト

 

 

 

 

Update Record