ヴィーナスカーブなど着圧ガードルはサイズ選びが重要?効果を出したいなら選ぶポイントを見極めて購入するようにしましょう!

ヴィーナスカーブはもとより他の加圧、着圧ガードルやレギンスなどを購入するさい、特に気を付けるようにしなければならない項目にサイズ選びがあると思います。

 

 

もし自分にあっていないサイズ間違いのガードルを購入してしまったら、せっかく「ウエストを細くしよう・太ももを小さくしよう・骨盤を真っすぐしよう」という思いから使ってみてもそれらの効果は半減するか、またはまったく効果が表れないで終わる可能性すらあります。

 

そんな状況では、「実際こんな簡単な方法で良くなる訳ないわよね」となってしまう結果になってしまい、買った意味がほとんどなくなるという悲惨な結果に終わってしまいます。

 

 

 

このサイトでは、ヴィーナスカーブなどのガードルを使って、そんな残念な結果にならないための正しい際の選び方を解説してみました。

 

 

 

ヴィーナスカーブのサイズには?

ヴィーナスカーブの用意されているサイズには2通りあります。

 

 

M-L

 

L-LL

 

この2種類が用意されています。

 

 

M-Lのサイズは、ウエストが64センチから77センチある人で、ヒップが87センチから100センチある人用です。

 

L-LLのサイズは、ウエストが69センチから85センチある人で、ヒップが92センチから105センチある人用になっています。

 

 

 

M-L
(ウエスト=64〜77p)
(ヒップ =87〜100p)

 

L-LL
(ウエスト=69〜85p)
(ヒップ =92〜105p)

 

上記のサイズが用意されています。

 

 

 

ヴィーナスカーブを履いた不評の口コミ!

よく、ヴィーナスカーブなどの口コミをみていると、

 

  • 履いたけどまったく効果がありません。
  • きつくて履けませんでした。
  • 履き心地は良いですがゆるいのか効果がない。
  • 動画と違って履いた後のスタイルに変化がありません。
  • 記事に伝線が走って破れてしまいました。
  • 太もも部分の裾がクルクルと巻き上がってしました。
  • 着心地が頼りなく感じます。

 

 

このような口コミ感想が、口コミ全体の3分の一ありました。

 

 

ヴィーナスカーブを履いたにもかかわらず、なぜこのような不評の結果になってしまう人が出てくるのでしょうか?

 

 

やはりその訳には、ヴィーナスカーブを買うときのサイズ選びが重要なポイントになっている場合が往々にしてあるように思われます。

 

 

上記にような状態にならないための購入方法はいたって簡単です。

 

あなたにもっとも合ったヴィーナスカーブのサイズをチョイスすればいいのです。

 

上記のようにサイズにあなたの体験を照らし合わせて購入するだけで、上記のような不評などの口コミを回避できるのです。

 

 

 

しかし、個々の体系は微妙に違ったりしますよね。

 

たとえばウエストは70pなのに対してヒップが100pを超えていたり、また

 

ウエストが80pなのに対してヒップは85pと小さい場合などは、ヴィーナスカーブの用意されているサイズでは履いている場合にどうしても無理がかかってしまい、履くときや動いている場合などに破けたりというトラブルが発生する場合だってありうるわけですよね。

 

 

上記の不評な口コミ二もあるように、履くときや履いた後に破けたりというトラブルが起こっても必然的としか言いようがない場合も出てくるということです。

 

 

 

サイズが合わない場合の対処方法は?

サイズが合わない場合の対処方法は、はっきり言って諦めるしか方法はなさそうですね。

 

サイズ違いのヴィーナスカーブを買っても破けてしまえば意味がなくなってしまいます。

 

なので、買わないほうが賢明といえます。

 

 

しかし、そうはいっても「寸胴のウエストを細くしたい」という願いや、「ドデーンとしているお尻」、また「鹿児島大根のような巨大になっている太もも」をスリムにしたいという願いはどうしてもかなえたいもの。

 

 

そんな時は、加圧ガードルや着圧ガードルを比較したランキングなどを利用するという方法もあります。

 

 

 

加圧・着圧ガードルの比較ランキングを利用する

加圧や着圧ガードルは個々の商品によって効き目の特徴や使用が微妙に違ってきますが、基本どのガードルでもスリムになるという結果はともなってくるものです。

 

 

ヴィーナスカーブの特徴である「加圧トリプルシェイプ手法」効果はヴィーナスカーブならではの特徴となっているため、他の加圧ガードルや着圧ガードルでは味わえません。

 

ですが、他のものでも優れた加圧手法は取り入れているので、商品毎の特徴をご紹介いたしますね。